2016年06月15日

映画『FAKE』は佐村河内守の映画ではない件について

images (1).jpg

『FAKE』は佐村河内守の映画ではない。私たちに向けた映画である。ここ近年の日本の報道、メディア、そしてそれに対しての私たちの意見はわかりやすい敵”を作り出そうとしているように感じる。ここでいうわかりやすい敵”というのは例えば不倫をした芸能人、過去を虚偽をしたコメンテーター、さらには今回テーマにされた佐村河内守もそうなのかもしれない。そういう人間に対して、私たちはどう対処してきただろうか?どういう行動をとってきただろうか?森達也監督は私たちがやってきた行動を誰よりも興味深く、誰よりも悲観的に観て、この作品を作り上げたのだと思う。

『A』そしてその続編にあたる『A2』から15年経って撮られた本作『FAKE』は先で言った2作品と基本的には同じ内容だと言っていいと思う。『A』『A2』ではオウム真理教に残った信者たちの生活、そしてそれを取り巻く環境を淡々と撮りながら観客に「何が正義で、何が悪か?」という事を観客に考えさせるような作品であった。そして『FAKE』も佐村河内夫婦の生活を淡々と撮影しながら、観客に「この人は本当に僕たちが叩いていたような悪人なのか?」という事を問いただす。特にラストの12分、森監督はある事”を佐村河内氏にやらすシーンはそのハイライトと言ってもいいかもしれない。

さて、『A2』から15年以上経ってなぜ森監督は『FAKE』という作品を同じような感じで撮影したのか。僕が思うに、佐村河内氏を取り巻く環境を見ると日本は『A2』が公開された2001年ごろと何も変わってはいない。いや、ひょっとしてたらそれよりも悪化しているのかもしれないのではと感じる。テレビのワイドショーや週刊誌を見れば不倫や虚偽などのニュースにあふれかえり、それを見た視聴者はそれを見て一斉に“叩く”。反対の意見があるならば、そういう人間すらも“叩く”そんな時代である。SNSというものが出来てから、特にmixiからTwitterという匿名性が高く不特定多数の人に発信でき、なおかつ全世界の他人反応がわかるものにSNSの主役が交代してからはこの風潮が強まった気がもする。そして、これはネットに限った話だけでもない。

例えばデモ。ここ最近だとSEALDsという団体も出来て10代から20代の若い子たちが参加するという事も多いのだが、そこに入る若者のいったいどの程度が今の日本の政策を理解し、安倍総理が退陣(やめた)後に“どういう日本にしていきたいのか?”という事を考えた上でデモに参加しているのか。世界に目を向けよう。アメリカ大統領候補のドナルド・トランプ。その支持者の一体何割が、またその反対に彼をバッシングしている人間の何割が彼の考える政策をちゃんと理解しているのであろうか。ちなみに、私は“アクションを起こしてはいけない!”と言っているのではない。アクションの前にちゃんと情報を精査した上で“自分の考えを持つ”という事をやれているのかと言っているのだ。そして、それこそが森監督がこの作品で一番伝えたいメッセージなのだと僕は感じる。

佐村河内氏を撮りながらも今の日本人に対して“考えろ”とメッセージを送る『FAKE』この作品が出来上がった今もなお森監督は日本というもの映し出す鏡を探しているのかもしれない。
posted by ゴリさん at 22:26| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

種明かし 星野源『YELLOW DANCER』のレビューに関して

91RVgur54DL._SL1500_.jpg

http://ongakudaisukiclub.hateblo.jp/entry/2016/01/15/183130

発表になりましたね『ネットの音楽オタクが選んだ2015年の日本のベストアルバム』。結果見て「お、これがこの順位か。」「あ、この作品がないじゃん。」と言いながら、個人的には楽しく見せていただきました。で、今日はこのサイトに寄稿した星野源『YELLOW DANCER』のレビューに関しての話をしたいと思います。

もうすでにこのレビューを見た人なら多分、変な文だなって思った人もいると思うんです。書き終えて改めて見直した自分も「こんな女はいないだろうな。。。」って思ったりしたんですが実はこのレビューには元ネタがあって、それがわかると違った面白さが出てくる文章にしたかったんですね。

で、今からその話をする前に、『ネットの音楽オタクが選んだ2015年の日本のベストアルバム』のレビューを改めて見てみましょう。




星野源『YELLOW DANCER』

ありがとう。すごくよかったよ、貸してくれたCD。山田君って星野源なんか聴くんだね。はじめて聴いたんだけど星野源ってソウルやディスコミュージックが好きなんだね。それがJ-POPのエッセンスとバランスよく融合してすごくおもしろかったんだけど、なんかこれを聴くと小沢君の『LIFE』思い出しちゃったよ。

『LIFE』って「ラヴリー」でBetty Wrightの「CLEAN UP WOMAN」や「ドアをノックするのは誰だ?」でJackson Fiveの「I Will Find A Way」とソウルミュージックを主に元ネタに使ってて、それが歌謡曲のエッセンスと混ざると『LIFE』ってアルバムになると思うの。
ほら、フリッパーズのとき小沢君って歌ってなかったでしょ?でも、『LIFE』ではホーンセクションやコーラスを脇において、中央で威風堂々と歌っていたし、ほとんどの曲がシングルカットされるベスト盤に近いアルバム構成だったのよ。これって70年代〜80年代の歌謡曲にオマージュを捧げていたのかなって感じるの。

そもそも小沢君って歌謡曲が好きで、この『LIFE』の後に筒美京平とタッグを組んで『強い気持ち・強い愛/それはちょっと』というシングルを作ったりしてるの。それを考えると、見栄を切って歌うことも、ベスト盤みたいな構成も納得いくかなって。それにね、『LIFE』も星野源も批評性を持った作品なんだと私思うの。

星野源のこれってEDM化したJ-POPへのカウンターとして出てきた作品だと思うの。それでね、小沢君の『LIFE』も7インチシングルというものが出だして大量生産、大量消費が進む90年代に対して、そのカウンターとしてレコードが主であった70年代〜80年代の歌謡曲をオマージュにした作品を作ったと思うんだ。

そして、CDが売れないこの時代に星野源は10万枚以上を売り上げ、オリコン1位を取ったし、『LIFE』も累計で70万枚以上売り上げたのよ。これってカウンター的な役割が成功した事の何よりも証なんだと思うの。でね、『LIFE』の翌年1995年に小沢君は紅白歌合戦で「ラブリー」を歌って20年後に星野源は同じ舞台で「SUN」を歌ったのよ。もしかして、星野源って小沢君の生まれ変わりなんだと本気で思っ……、ねえ、聞いてる?

「聞いてるよ。星野源の『YELLOW DANCER』の話だろ?」

……そうだけど。




といった感じのレビューです。パッと見れば「小沢健二が好きな女の子が男の子に熱弁をする。」っていうような構成なんですが、いくつかこの文章ナゾな部分がありましたよね。

・なぜ、この女の子は小沢健二が好きなのか?
・山田君って誰?
・そもそも、二人の関係って?

この質問に答える前になんでこんなレビューを書こうと思ったのかという話をサクッとしたいと思います。そもそも星野源の『YELLOW DANCER』に関して音楽だいすきクラブ内で楽曲の元ネタや売れた理由など含めて1000字くらいでがっつりレビューしたんですね。で、また星野源『YELLOW DANCER』をレビューしようと思った時に、最近ツイッター界隈で話題になっている「星野源が2010年代の小沢健二だ!」というのを元にして

『YELLOW DANCER』は2010年代の小沢健二の証明であり、2010年代の『LIFE』である

これを軸に書き進めようと考えたんです。でも、さすがに2回も同じ作品レビューするとこちらも「普通に書くの面白くないんじゃない。」って思って、そこで考えたのが“パロディにしよう”って思ったわけです。で、真っ先に本棚からあるマンガ本を取り出したんです。それが岡崎京子の『リバーズ・エッジ』でした。

リバーズ・エッジ 愛蔵版 -
リバーズ・エッジ 愛蔵版 -

93年から94年にかけて雑誌「CUTiE」で連載されいた作品で90年代はじめの「都会」に生きる高校生たちの姿を描いた岡崎京子の作品なんですが、今回の星野源のレビューはこの作品に出てくる田島カンナと山田一郎という二人の会話をもとにして作成してみようって考えたんです。なので、冒頭の「ありがとう。すごくよかったよ、貸してくれたCD。」と「ねえ、聞いてる?」「聞いてるよ。〜」ってこのフレーズは実際、作中にあります。(リバーズ・エッジでは「オオオニバスを見つけてうれしいって話でしょ。」って山田君は言っていますが)

では、なぜこの作品をパロディにしたのか。岡崎京子という人は以前、プロフィール欄に「小沢健二ファンの」とつけるくらいの大ファンでありました。これに関しては僕よりも、音楽だいすきクラブ内でじゅりあさんが話していますので、こちらを読んでいただければと思います。

http://ongakudaisukiclub.hateblo.jp/entry/2014/06/22/111209

で、このリバーズ・エッジで田島カンナというオリーブ少女を絵に描いたようなファッションに無償の愛を山田君に捧げる、山田君が何考えているのか知らなくていい、わたしは山田君が好き、一緒にいれるだけでいい。っていうこの構造がオザケンファンである子猫ちゃん達の姿ではと言われていました。それが、なんとなく個人的には今の星野源が好きな女性ファンとかに当てはまるのかって僕は思ったわけでして。いや、もっと言えば“アーティストとファンの関係性”全体にこの事って言えるのかなって。

だからこそ、この文章の元ネタとして『リバーズ・エッジ』を使ってみようかなと思い作成したわけでして。でも、書いた文章を見ればお分かりの通り「こんな女はいない!」でしたが・・・。

まあ、今回色々書いたんですけど、音楽を伝える目的であれば、レビューってもっと色んな形があっていいと思うし、自由でいいと思うんですよね。ほら、間章のライナーノートとか今読んでも「文学作品!?」って思えるくらいとんでもないもだったし。音楽のレビュー書いた人であるなら分かると思うんですけど、音って言語化できない以上、その魅力を伝えるのって凄く難しいわけじゃないですか。そして難しいからこそ、試行錯誤できるし、伝える手段は山のようにあるのだと思うんです。

と、こんなこと言ってる僕が実は一番冒険してなかったりするんですが(笑)

てなわけで、今日はここまで。
posted by ゴリさん at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

2015年年間ベスト

半年ぶりのブログですが、今回は2015年の僕の年間ベストということで、洋楽、邦楽合わせて21作品(次点を含み)を選んでみました。早速、ランキング形式で発表していきます。

次点 ザ・なつやすみバンド『パラード』
ダウンロード.jpg


20位 TWEEDEES『The Sound Sounds.』
ダウンロード (1).jpg


19位 Mark Ronson『Uptown Special』
51Uvmqu3VwL.jpg


18位 Girl Band『The Early Years EP』
homepage_large.8d2c0ad2.jpg


17位 ペトロールズ『Renaissance』
sim.jpg


16位 Donnie Trumpet & The Social Experiment『Surf』
a7cda4fd-s.jpg


15位 Jimanica『GRAND AGE』
81lswxkzTIL._SL1500_.jpg


14位 日食なつこ『逆光で見えない』
51VUcGZgPKL.jpg


13位 Natalie Prass『Natalie Prass』
51roDy+OozL.jpg


12位 Lianne La Havas『Blood』
91Bjp1E6g-L._SL1500_.jpg


11位 Courtney Barnett『Sometimes I Sit And Think, And Sometimes I Just Sit』
61Cddd0w9YL._SL1064_.jpg


10位 Tuxedo『Tuxedo』
71zYx3B3sJL._SL1400_.jpg


9位 cero『Obscure Ride』
51Lw-ELirpL.jpg


8位 吉田一郎不可触世界『あぱんだ』
71Lo9k6tgrL._SL1001_.jpg


7位 ROTH BART BARON『ATOM』
61j6hriLUUL._SL1000_.jpg


6位 Hop Along『Painted Shut』
61LioJP3x+L.jpg


5位 Eve『yoru wo koeru』
71a0nM9fe8L._SL1400_.jpg


4位 Hiatus Kaiyote『Choose Your Weapon』
81IZigpp5YL._SL1500_.jpg


3位 星野源『YELLOW DANCER』
91RVgur54DL._SL1500_.jpg


2位 D'Angelo And The Vanguard『Black Messiah』
71PTPmnrguL._SL1398_.jpg


1位  Kendrick Lamar『To Pimp a Butterfly』
81VcA8-kuZL._SL1500_.jpg

といった感じですね。ディアンジェロは去年も2位にはしたのですが日本版が2015年であったのと、今年1年を振り返ったときに「どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーしても入れておきたい。」って考えたのでこの順位です。

今年はディアンジェロを起点として良いブラックミュージックが豊作だった1年かなと思います。しかも、その良いブラックミュージックが人種、国籍問わず様々な所から出てきたことも今年の印象かなと私は思います。

ここには入れなかったけど、そういう意味ではThe Weekndの『Beauty Behind the Madness』やAlabama Shakes
の『Sound & Color』なんかも今年を語るうえでは重要な作品だったりするのかなとも思います。

てなわけで、また次回。
posted by ゴリさん at 14:04| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。