2012年05月31日

さよならドビュッシー

今日、紹介するのは中山七里さんの「さよならドビュッシー」

第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。選考委員が大絶賛した話題の感動作。

ストーリー
ピアニストを目指す遥、16歳。両親や祖父、帰国子女の従姉妹などに囲まれた幸福な彼女人生は、ある日突然終わりを迎える。祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれ、ただ一人生き残ったものの、全身火傷の大怪我を負ってしまったのだ。それでも彼女は逆境に負けずピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する――。

この物語の音楽の部分だけ切り取ると完全にどっかで読んだことがあるような少女漫画的展開である。
・主人公が火事で大やけど
・現代の医療は凄いからやけどがきれいに再生する。
・再度ピアノを弾くことが絶望的
・新しい超イケメンピアニスト登場
・魔法のような指導でみるみる上達
・コンクールに参加し演奏

ここに学園のいじめっ子やコンクールでの高飛車なライバルが加わる。

これだけの展開なら正直「ありきたりやな・・・」と思うのだが

「ミステリー」の部分はとんでもない大どんでん返し。僕は小説を読みながら「え!!!ウソ!!!www」と声を上げた。

現実的にはまずこのミステリーは不可能であろう。
金田一少年の「悲宝島」の犯人ぐらい衝撃的だwww

この内容はぜひ小説にて確認してほしい。
いろんな意味で度肝ぬかされれる最後が用意されている

ミステリーとして読むもよし。
音楽系スポコン小説として見るもよし。
衝撃のラストだけを見るもよし。(←これはあまりよくない見方ではあるがww)

とにかく、お勧めです!!
さよならドビュッシー [単行本] / 中山 七里 (著); 宝島社 (刊)さよならドビュッシー [単行本] / 中山 七里 (著); 宝島社 (刊)

ラベル:小説
posted by ゴリさん at 21:06| Comment(0) | 小説 | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

映画「サニー 永遠の仲間たち」


1747.jpg
今日紹介するのは韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」

ストーリー
夫や娘にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた42歳のナミは、ある日、母の入院先で高校時代の友人チュナと再会する。25年前の高校生時代、ナミやチュナら7人の仲良しグループはずっと一緒にいると約束しあったが、ある事件がきっかけで離れ離れになってしまっていた。病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいというチュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、再び人生に輝きを取り戻していく。

1970~80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、2011年韓国で740万人を動員した感動の映画がついに日本上陸ということで僕も梅田のブルク7で見てきました。

もともと、浅草キッドの水道橋博士がツイッターで大プッシュしていたこともあり期待して見に行きましたが、期待通り面白く感動する映画でした。

あらすじ読む限り、シリアスな映画なのかなと思いましたがこの映画は「懐かしの青春コメディ映画」です。

まず映画は「現在」と「25年前の過去」の2パートがシンクロするという形で展開されます。
(この時点でなんとなくジブリの「おもひでぽろぽろ」を想起したのは私だけであろうか・・・)
で、この25年前の過去の描写がどうしようもなく懐かしい。

まず、衣装が全員ダサいww
それを輪に掛けたように80年代ダンスミュージックがかかる。
さらに風景もそれとなく80年代風であり学生デモ隊VS警官その後ろにロッキー4の看板

これだけでも十分懐かしさが伝わるのだがこの物語の肝は「ベタな展開のおもしろさ」ここに尽きると思う。

この映画を見ながら、私は80年代学園物コメディー映画を思い出していた。

主人公の女の子が極端なくらいほほを赤らめるシーンとか
DJが突然ミスをして曲が止まったとたん主人公の女の子がある言葉を叫んだり

そう僕が子供の頃にみた「ベタな演出」そのものなのだ。

でも、このベタな展開こそ面白いし懐かしさを生んでいるし現在との対比がすごく生きた形で表れれているなと感じた。

そして、泣く部分はきちんと泣かせる。でも、この映画の特徴だが青春という部分で泣かせて、悲しい形では泣かせることはしないんだなと感じた。

ネタばれになるのでここは反転で
映画ではチュナが亡くなったことが電話で知らされてそのあとすぐお葬式(2日目)でみんなで集まるシーンになった。普通泣かせるのであれば霊安室のシーンや葬式のシーンがあってもいいのだがそれはバッサリカットされていた。青春コメディーに描かれている分チュナの死をあっさりと片付けることでテンションを下げずこの先のエンディングへつなげたのかなと感じた。」

そして、ラストは「え!?都合好過ぎww」ってくらいな事が起き、みんなで打ち上げですよww

ハッピーエンディングってまさにこれですよ!!

僕自身の雑感からいえばこの映画が本当に好きな人ってまさにサニーたちと同じ世代つまりアラフォー世代なんだと思う。たぶん、10代や20代前半辺りの子が見たら「べたべたな青春コメディ」と評価されると思う。この映画から「本当の良さ」を感じ取れる世代は20代後半からで一番ビンビンにくるのは40代なんだと思う。

これぞ「大人のための映画」お勧めです!!

サニー公式サイト:http://sunny-movie.com/index.html
上映映画館:http://sunny-movie.com/theater.html




ラベル:映画
posted by ゴリさん at 00:19| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

タマフル THE MOVIE ~暗黒街の黒い霧~

今日はDVDを紹介。

大人気TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」、通称タマフルが『タマフル THE MOVIE』となってまさかの映画化!!

ストーリー
ウィークエンドシャッフルの放送中、事件が起こる!?
実在の人物とフィクションが入り混じるセミドキュメンタリードラマ。

放送界の権威・ギャラクシー賞を受賞し、今や押しも押されぬ人気番組となったTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」通称タマフル。しかし今、その舞台裏には黒く深い霧が立ち込めていた・・・・。

出演は宇多丸 しまおまほ 古川耕 妹尾匡夫 高橋芳朗 高野政所 コンバットREC 近藤夏紀 橋本吉史 他

監督は『SR サイタマノラッパー』『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』の入江悠

一言で感想を言うと
「なんじゃこりゃwww」

まさにこの一言に尽きる。

まさに「モキュメンタリー系バラエティー映画」
タマフルが大好きな僕は何度も腹を抱えて笑いました。

ただ、監督がタマフルではおなじみの入江監督であり作りは無茶苦茶しっかりしている。

最初はタマフルでおなじみのメンツがインタビューをしていき、タマフルの現状や隠された秘密(完全にフィクションではあるが)が次々とあらわになってくるというのだが、

映像見ながら

「お、ア↑コガレ師匠男前じゃん。」
「カプコン佐藤さん本当に汗まみれだ。」
「RECやっぱりモザイクか。」
「なつき100%ってかわいいじゃん!」
「しまおさんその格好ww」

・・・など
タマフルファンならこのインタビューシーンだけでもかなりテンションが上がる。

さらに後半部分からは橋Pの怪演が光るアクションシーンがスタートするわけだが、この部分はかなり興奮!

さらに「え!?www」となるシーンが連発。
さらにラストのこの映画で唯一の特殊効果がひかるあのシーンは

思わず「バカだなwww」と大笑いした。

この本編だけでも素晴らしいが、特典映像の「宇多丸さんと入江監督との対談」これもまた絶品。
この特典映像を見た後、再度本編を見るとまた違った目線で見れるのでこれは一度で二度おいしい。

とりあえずタマフルファンにはかなりのお勧めです。
おもしろい!!

無題.png

宇多丸/タマフル THE MOVIE〜暗黒街の黒い霧〜





ラベル:映画
posted by ゴリさん at 08:00| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。