2014年02月22日

2014年に期待するアーテスト「森は生きている」

森は生きているは2012年の春に結成された6人組バンドで主に東京で活動している。

去年の8月には1stアルバム「森は生きている」を発売。その独特な世界観でインディズシーンで話題になり、今年の3月には渋谷のWWWでワンマンライブ、5月にはさいたまスーパーアリーナで行われる大規模邦楽ロックフェス「VIVA LA ROCK」(ビバ・ラ・ロック)にも出演が決定している。

まだメンバー全員の平均年齢20代前半、バンドリーダーである岡田拓郎氏は今年の3月に大学卒業をするとのこと。とても若いバンドであるが影響受けた音楽には「the band」「はっぴいえんど」「はちみつぱい」と言ったバンドを上げている。

さて、私がこのバンドを推してる一番大きな理由としては先ほども書いた「独特な世界観」である。1stアルバムを聴いて感じたのだが、1曲1曲にリスペクトするバンドの影響をとても濃いのだ。たとえば「the band」のやっていた「ロック、ポップ、R&B、カントリーの音楽のエッセンスを抽出し、自らの音楽に取りこむ」ってこと、「はっぴいえんど」「はちみつぱい」がやろうとしていた「日本語で自分たちの世界観を伝える」事をちゃんと行っている。

そして大事なのは影響受けた音楽にリスペクトをしながらも、ちゃんと咀嚼を行い、自分たちの音楽へと消化しているのだ。だから、聴いて懐かしさを感じるのに古臭くなく、むしろ新鮮に聴ける。そして、リスペクトを受けたバンドと同じように何年聞いても風化されることなく、時代を選ばずこの音楽に出会った人たちに自分たち魅力を伝えられるそんなアルバムに仕上がっている。これを20代前半でやっているのだからとんでもない才能であると、私は思う。

現在、1stアルバム「森は生きている」はCDショップで初にしているので是非一度この音楽を体験してほしいし、それで興味を持ったら彼らのルーツとなった音楽をたどっていくのも面白いと思う。良い音楽と言うのは何年たっても魅了的で、いろんな発見があり新鮮な出会いを提供してくれるものである。

バンドのリーダーである岡田氏は音楽サイトのインタビューで「アルバム100枚分くらいのアイデアがもうあるし、それだけは死ぬまでに全部出して死にたいんで」と語っている。次はどんな音楽を私たちに届けてくるのか、今からとても楽しみなバンドである。

posted by ゴリさん at 20:32| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

バンドのコンテストの話


グッドモーニングアメリカ
東京カランコロン
パスピエ
SAKANAMON
0.8秒の衝撃。
The Flickers

このサイトと見てる人ならたぶんこれらのバンドは一度は観たり聴いたりしてると思うのですが、これらのバンドにはある共通点があります。それは何でしょう。

さて、今日はバンドのコンテスト企画について話したいなと思います。

今たぶん一番大がかりなバンドのコンテストを毎年してるのって僕が思うに「RO69JACK」だとおもう。

「RO69JACK」は、RO69が主催するアマチュア・アーティストのコンテスト企画。2008年の冬にスタートし、以降夏・冬と年2回のペースで継続してき、全開のRO69JACK 13/14で11回目になる。

過去に優勝したバンドは
WHITE ASH
真空ホロウ
plenty

といる。

歴代優勝アーティスト
http://jack.ro69.jp/history/

さてここからが本題

先ほど紹介したバンド

グッドモーニングアメリカ
http://jack.ro69.jp/contest/JACK2009/artist/20256

東京カランコロン
http://jack.ro69.jp/contest/jack0910/artist/20761

パスピエ
http://jack.ro69.jp/contest/jack1011/artist/21615

SAKANAMON
http://jack.ro69.jp/contest/JACK2009/artist/20114

0.8秒の衝撃。
http://jack.ro69.jp/contest/COUNTDOWNJACK/artist/6899

The Flickers
http://jack.ro69.jp/contest/COUNTDOWNJACK/artist/8355

これらのバンドはこの「RO69JACK」に参加している。

しかし、優勝していない。

それどころか入賞すらしていない。一次通過までである。

でも、実際人気的な面から考えると、今まで優勝したバンドと同じもしくはそれ以上の活躍を見せてるバンドも多い。

RO69JACKで優勝することはあくまできっかけの一つ。

優勝したからと言ってすぐ売れるわけでもないし、現に売れてないバンドもたくさんある。

ここで評価されなかったからと言って音楽やめようとか絶対思わない事である。きっかけは無数にあるのだから。


で、最後に僕の好きな音源二つだけ紹介させてください。

一つはspaceQのMoonlight
http://jack.ro69.jp/contest/JACK2009/artist/20014

もうひとつはfrancis'の終わりある世界
http://jack.ro69.jp/contest/jack2010/artist/21527

当時、両バンドに投票したんですがどちらも今は解散しております。。。

しかし、今でも大好きな曲でたまにサイト見てはリピートしております。

もしかしたら、これだけたくさんのアーカイブあるので良い曲や好きなバンドがが見つかるかも♪
posted by ゴリさん at 23:06| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

2010〜2012年の音楽ベストアルバム


「ネットの音楽オタクが選んだ2013年の日本のアルバム」でおなじみのpitti blogさん(http://pittiblog.ldblog.jp/)が次は2010〜2012年のベストアルバム版を行うということで。

で、僕もベスト10と次点を選びました。

是非、皆さんも参加しましょう♪

では、僕のベスト10発表

●2010年アルバムベスト
1位 サンボマスター「きみのために強くなりたい」
2位 世界の終わり「EARTH」
3位 サカナクション「kikUUiki」
4位 asphalt frustration「AUTOCHROME」
5位 80kidz「Weekend Warrior」
6位 小林大吾「オーディオビジュアル」
7位 DE DE MOUSE「A journey to freedom」
8位 星野源「ばかのうた」
9位 ハヌマーン「RE DISTORTION」
10位 BUMP OF CHICKEN「COSMONAUT」

(次点)andymori 「ファンファーレと熱狂」

雑感
2010年は選ぶのが難しかった・・・。ミスチルの「SENSE」とかロクセンチの「READY STEADY」もよかったんすがね。。。まあ、この中で解散・活動休止したバンド、名前を変えたバンド、スタイルを変更したバンドなどもいますが。サンボマスターはこれが第2期の頂点にあたる作品だと思っています。(ちなみに第1期は「サンボマスターは君に語りかける」ですが)あと、個人的に「踊るロック」がはやりの今、もう一度「asphalt frustration」は取り上げられるべきバンドだと僕は思います。小林大吾さんはサウンドとポエトリーリーディングのマッチが良いね。特にお薦めは「テアトルパピヨンと遅れてきた客」目をつむって聴いてると華麗な手品が展開する。。。




●2011年アルバムベスト
1位 毛皮のマリーズ「ティン パン アレィ」
2位 サカナクション「DocumentaLy」
3位 パスピエ「わたし開花したわ」
4位 the band apart「Scent of August」
5位 back number「スーパースター」
6位 安藤裕子「大人のまじめなカバーシリーズ」
7位 LAMA 「New !」
8位 アナログフィッシュ「荒野/On the Wild Side」
9位 高橋優「リアルタイム・シンガーソングライター」
10位 androp 「relight」

(次点) SAKANAMON「浮遊ギミック」

2011年は毛皮のマリーズが解散した年でもあり、「The END」も候補には挙がってましたが、このアルバムの曲1曲以外はアルバム再現ライブでしか演奏されていないんですよね。もう、その時点で僕は1人のアーティストがやりたい事を詰め込んだこういう「夢」だなとこのアルバムをとらえてて、もちろん内容もすらしいので1位しかないなと。あと、アナログフィッシュは攻撃的な曲とやさしく包み込む曲の対比がよかったし、LAMAはなかなか日本ではお目にかからない感じのサウンドで初めて聞いて「これ?邦楽??」ってちょっと驚きました。あと、パスピエ。これがデビューになるのかな。まあ、とにかく聴きながら「これはヤバイバンドが来たな。」と一人テンションあがってました。

●2012年アルバムベスト
1位 Tomato n'Pine「PS4U」
2位 cero「My Lost City」
3位 ZAZEN BOYS「すとーりーず」
4位 きゃりーぱみゅぱみゅ「ぱみゅぱみゅレボリューション」
5位 竹原ピストル「ROUTE to ROOTS」
6位 バズマザーズ「Disc Harassment」
7位 モルゴーア・クァルテット「21世紀の精神正常者」
8位 indigo la end「さよなら、素晴らしい世界」
9位 SAKANAMON「泡沫ノンフィクション」
10位 back number「blue」

(次点)ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

もうね、2012年はロック、POP、アイドル、クラシックとバラエティー感満載ですなwでも、正直2012年に関してはTomato n'Pine「PS4U」がダントツの1番です。アイドルソングであり究極のポップソングでもある。ミュージックマガジンで満点とって年間1位とる理由もわかります。トマパイはこの年に散開(解散)しましたが、これだけ素晴らしい楽曲を詰め込んだ究極のPOPアルバムを残した事はホントに幸せなことである。以前に一度トマパイのライブ行きましたが、再結成するようなことがあればまた見に行きたいな・・・

で、ceroはそれまで知らなかったけどこのアルバムでパスピエ同様「うわ、ヤバイバンドがまた来たよ」と思ったり、竹原ピストル氏は野孤禅時代からそうなんでが、歌詞や声から感じられる、圧倒的な力っていうか魂に毎回やられますね。バズマザーズは大好きだったバンドにまた出会えたその感覚が強かった事で入れました。

あと今回僕だけしかベスト入れないと思うんですが、モルゴーア・クァルテット「21世紀の精神正常者」これは以前このブログでも紹介しました。

http://konnpasu56.seesaa.net/article/276675190.html

クラシックでありながら最高にロックなアルバムなので是非一度視聴を。

http://columbia.jp/morgauaquartet/

はい、以上でございます。

え、ベスト10レビュー?聞こえなーーーイwww
posted by ゴリさん at 21:58| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする