2012年07月18日

ハロー!?ゴースト

本日は韓国映画「ハロー!?ゴースト」を紹介します。

hallo.jpg

ストーリー
生きる希望を失い何度も自殺を図ったサンマンは、運ばれた病院で4人の変わったゴーストにとり憑かれてしまう。彼らを成仏させるため、生前にやり残した願い事を叶えてあげることに。そんなとき、病院で出会った看護婦ヨンスに一目惚れしてしまい……。

福岡アジア映画祭でグランプリを受賞するなど海外映画祭でも評価が高く、すでにハリウッドでのリメイクも決定している話題作。4人のゴーストにとり憑かれた男を『猟奇的な彼女』や『過速スキャンダル』のチャ・テヒョンが好演する。次々と憑依するゴーストのキャラクターを変幻自在に演じる姿に注目したい。監督は本作がデビュー作となるキム・ヨンタク。

一部の映画好きから評判があったので(特にラストのオチに関しては皆、絶賛!!)シネーマート心斎橋へ見に行きました。

で、結論からいえばこの映画はほんとに泣けます。

特にラスト10分自分でも信じられないくらいハンカチがびしょびしょになるくらい泣いていました。正直、このためラスト10分のための映画と言ってもいいかもしれない。それは、前半いろんなところに付箋が張り巡らされておりラストで一気に回収が行われるからだ。つまり、このラスト10分こそこの映画の核心部分なのである。

でも、ラスト10分以外にもいろいろ見どころがある。

まあその中でもチャ・テヒョンさん(「猟奇的な彼女」でおなじみの)の4役を使い分けるところは面白い。物語の設定上この人に4人の幽霊が乗り移るという話なのである時はヘビースモーカーのおじさん、ある時には泣き虫おばさん、ある時にはエロじじい、ある時には子供というようにキャラを面白おかしく演じ分けておりそこが注目ポイント。

一つは韓国アニメのテコンVが見れるということ。

テコンVって何と聞かれれば韓国初のスーパーロボットアニメ。日本でいうところの「マジンガーZ」みたいなものだと思えばいいかなと。これなんか、韓国行かない限り見れないと思うのでこれがワンシーンではあるが見れることはありがたい。

あと、物語上でこの主人公が本来は自殺したい人間なのに幽霊たちに「俺は日ごろから健康には気をつけているのだ」とか幽霊につられ海に入る場面で「俺はカナヅチだから泳げないんだ!!」と言う場面がおかしかった。つい最近まで週刊少年マガジンで連載していた「絶望先生」を思い出した。

と、まあいろいろ話しましたがこの映画とにかく見てきてください。
そして、10分はお客さんの目で見てきてください。

お勧めです。
タグ:映画
posted by ゴリさん at 09:43| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください