2014年02月02日

ある、トリビュートアルバムの話

僕の個人的な話なんですが、つい先日、誕生日でして

もう、29歳、アラサーですよ。

で、アラサーともなりますと思わず懐かしさを感じるアニメとかありまして。

今日はそんなアニメのトリビュートアルバムがつい先日発売されたのでその話を。

そのアルバムと言うのが、これなんですが。

美少女戦士セーラームーン THE 20TH ANNIVERSARY MEMORIAL TRIBUTE

まあ、セーラームーンは当時話題になりましたよ。「ムーンプリズムパワー メイクアップ!」ですよ

で、このアルバムトリビュートアルバムなんで当然いろんなアーティストが参加していてるんですが、それがとても豪華なんですね。

たとえば、しょこたんこと中川翔子さんとかももクロ、相対性理論のやくしまるえつこさん、後藤まりこさんと女王蜂のアブちゃん、声優の堀江美都子さんとかどうかと思うくらいの豪華ラインナップ。

でこれをタワレコで見かけて早速、視聴したんすよ。(30手前の無精髭のデブがニヤニヤしながら聴いてる姿を見て店員はどう思ったんだろうか。

そしたらすごく良かったんで買ったんですよ。

ちなみに、買うとこの特典のステッカーがもらえるんです。
(このCDとともにステッカーをアラサーの無精髭デブに渡すタワレコの店員さん。この状況カオスでしたねw)

現在、このステッカーを張るべきかどうか悩んでおりますがそんなことは置いといて。

このアルバム、カバーする曲にアーティストらしさが良く出ている。

たとえば、ももクロは割と原曲に忠実にカバーしているのだけど、ムーンライト伝説ではロックなテイストを入れてる所とかTommy heavenly6のラ・ソウルジャーは最初に雷を入れてheavenly感がとても良く出てる。

あと編曲者との組み合わせがまたイイ。

たとえば、しょこたんは浅倉大介さんと組んで、しょこたんの力強い歌声に、キラキラサウンドとマッチしている。福原遥さん(クッキンアイドル アイ!マイ!まいんでおなじみ)はアイドルソングの達人である小西康陽さんと。これがまた、かわいらしさが全開になるようなつくりで、ちょっと背伸びした感じがまたイイ。

やくしまるえつこの「乙女のポリシー」は正直、原曲とは別物。ただ、完成した楽曲のクオリティーがまあ高いのなんの。Jimanicaとのコラボなんで、相対性理論の感じではなく「やくしまるえつことD,V,D」の感じ(曲的には「Gurugle Earth」)が強いかな。打ち込みで宇宙的な世界観が目の前に広がりやくしまるさんの優しい声が耳を包み込む。

さていろいろ言ってきましたが、最後に僕がこのアルバムで一番好きな曲を紹介したいんですが。それは堀江美都子さん(「キャンディキャンディ」の歌でおなじみの)の「セーラースターソング」

まあ、とにかく歌がうまいし本来の原曲の良さも出ているし何より、堀江さんがその当時セーラーギャラクシアってセーラームーンの敵キャラとして出ていて、その敵がエンディングテーマを歌うっていう。この人選、最高じゃないですか。

ほかにも、圧倒的な熱量で捲し立てる後藤まりこ×アブちゃんのコラボ、川本真琴さん、桃井はるこさん、さらにフランス語カバーまで盛りだくさんの内容。おすすめです♪
posted by ゴリさん at 09:29| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。