2014年02月04日

2010~2012年の音楽ベストアルバム


「ネットの音楽オタクが選んだ2013年の日本のアルバム」でおなじみのpitti blogさん(http://pittiblog.ldblog.jp/)が次は2010~2012年のベストアルバム版を行うということで。

で、僕もベスト10と次点を選びました。

是非、皆さんも参加しましょう♪

では、僕のベスト10発表

●2010年アルバムベスト
1位 サンボマスター「きみのために強くなりたい」
2位 世界の終わり「EARTH」
3位 サカナクション「kikUUiki」
4位 asphalt frustration「AUTOCHROME」
5位 80kidz「Weekend Warrior」
6位 小林大吾「オーディオビジュアル」
7位 DE DE MOUSE「A journey to freedom」
8位 星野源「ばかのうた」
9位 ハヌマーン「RE DISTORTION」
10位 BUMP OF CHICKEN「COSMONAUT」

(次点)andymori 「ファンファーレと熱狂」

雑感
2010年は選ぶのが難しかった・・・。ミスチルの「SENSE」とかロクセンチの「READY STEADY」もよかったんすがね。。。まあ、この中で解散・活動休止したバンド、名前を変えたバンド、スタイルを変更したバンドなどもいますが。サンボマスターはこれが第2期の頂点にあたる作品だと思っています。(ちなみに第1期は「サンボマスターは君に語りかける」ですが)あと、個人的に「踊るロック」がはやりの今、もう一度「asphalt frustration」は取り上げられるべきバンドだと僕は思います。小林大吾さんはサウンドとポエトリーリーディングのマッチが良いね。特にお薦めは「テアトルパピヨンと遅れてきた客」目をつむって聴いてると華麗な手品が展開する。。。




●2011年アルバムベスト
1位 毛皮のマリーズ「ティン パン アレィ」
2位 サカナクション「DocumentaLy」
3位 パスピエ「わたし開花したわ」
4位 the band apart「Scent of August」
5位 back number「スーパースター」
6位 安藤裕子「大人のまじめなカバーシリーズ」
7位 LAMA 「New !」
8位 アナログフィッシュ「荒野/On the Wild Side」
9位 高橋優「リアルタイム・シンガーソングライター」
10位 androp 「relight」

(次点) SAKANAMON「浮遊ギミック」

2011年は毛皮のマリーズが解散した年でもあり、「The END」も候補には挙がってましたが、このアルバムの曲1曲以外はアルバム再現ライブでしか演奏されていないんですよね。もう、その時点で僕は1人のアーティストがやりたい事を詰め込んだこういう「夢」だなとこのアルバムをとらえてて、もちろん内容もすらしいので1位しかないなと。あと、アナログフィッシュは攻撃的な曲とやさしく包み込む曲の対比がよかったし、LAMAはなかなか日本ではお目にかからない感じのサウンドで初めて聞いて「これ?邦楽??」ってちょっと驚きました。あと、パスピエ。これがデビューになるのかな。まあ、とにかく聴きながら「これはヤバイバンドが来たな。」と一人テンションあがってました。

●2012年アルバムベスト
1位 Tomato n'Pine「PS4U」
2位 cero「My Lost City」
3位 ZAZEN BOYS「すとーりーず」
4位 きゃりーぱみゅぱみゅ「ぱみゅぱみゅレボリューション」
5位 竹原ピストル「ROUTE to ROOTS」
6位 バズマザーズ「Disc Harassment」
7位 モルゴーア・クァルテット「21世紀の精神正常者」
8位 indigo la end「さよなら、素晴らしい世界」
9位 SAKANAMON「泡沫ノンフィクション」
10位 back number「blue」

(次点)ASIAN KUNG-FU GENERATION「ランドマーク」

もうね、2012年はロック、POP、アイドル、クラシックとバラエティー感満載ですなwでも、正直2012年に関してはTomato n'Pine「PS4U」がダントツの1番です。アイドルソングであり究極のポップソングでもある。ミュージックマガジンで満点とって年間1位とる理由もわかります。トマパイはこの年に散開(解散)しましたが、これだけ素晴らしい楽曲を詰め込んだ究極のPOPアルバムを残した事はホントに幸せなことである。以前に一度トマパイのライブ行きましたが、再結成するようなことがあればまた見に行きたいな・・・

で、ceroはそれまで知らなかったけどこのアルバムでパスピエ同様「うわ、ヤバイバンドがまた来たよ」と思ったり、竹原ピストル氏は野孤禅時代からそうなんでが、歌詞や声から感じられる、圧倒的な力っていうか魂に毎回やられますね。バズマザーズは大好きだったバンドにまた出会えたその感覚が強かった事で入れました。

あと今回僕だけしかベスト入れないと思うんですが、モルゴーア・クァルテット「21世紀の精神正常者」これは以前このブログでも紹介しました。

http://konnpasu56.seesaa.net/article/276675190.html

クラシックでありながら最高にロックなアルバムなので是非一度視聴を。

http://columbia.jp/morgauaquartet/

はい、以上でございます。

え、ベスト10レビュー?聞こえなーーーイwww
posted by ゴリさん at 21:58| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください