2014年09月05日

2010年代ベストトラック30 洋楽編

前回に引き続き、音楽だいすきクラブ(http://ongakudaisukiclub.hateblo.jp/)にて2010年代のベストトラックを選ぶ(http://ongakudaisukiclub.hateblo.jp/entry/2014/08/19/200327)企画に参加して。今回は洋楽編

ですが、はっきり言って洋楽ほとんど知りませんwwで、今回はその勉強も兼ねてJFN系列の年間チャートからピッチフォーク、ローリングストンのベストまで一通り聴いて30曲選びました。だから、はっきり言って内容がバラバラです。

では、その30曲紹介していきましょう。

Arcade Fire 「Here Comes the Night Time

Cloud Nothings「Stay Useless

THE 1975 「CHOCOLATE

Robert Glasper Experiment 「I Stand Alone

Zion.T 「Babay (feat.Gaeko)

Wouter Hamel 「Breezy

Disclosure 「When A Fire Starts To Burn

Justin Timberlake 「Suit & Tie (Official) ft. JAY Z

Vampire Weekend 「Cousins

Friendly Fires 「Blue Cassette

Foster The People 「Pseudologia Fantastica

fiona apple 「werewolf

Tame Impala 「Mind Mischief

Fall Out Boy 「The Phoenix

Real Estate: 「It's Real

Old 97's 「Let's Get Drunk & Get It On

Future Islands 「Seasons

Mumford & Sons, 「I Will Wait

Cee Lo Green 「Fuck You

Ciara 「Body Party

Best Coast 「Boyfriend

Mark Ronson & The Business Intl 「Bang Bang Bang

Bruce Springsteen 「We Take Care Of Our Own

Eleanor Friedberger 「Stare at the Sun

oneohtrix point never 「Zebra

Deerhunter 「Back To the Middle

Paul McCartney 「NEW

Janelle Monae 「Tightrope

Sufjan Stevens「Impossible Soul

で、ここまで順位不動で29曲紹介しましたが、TOP1だけが決まってます。
僕の2010年代(今のところ)1位の洋楽はこれ。



そう。Owl City & Carly Rae Jepsenの「Good Time」この曲ダンスチューンの定番中の定番だし、誰もがたぶん「え?ジャネールモネとかヴァンパイヤよりこれが1位?」って思うかもしれないんですが。

この曲、歌詞がわからなくても最高に楽しいやないですか。それって凄く重要じゃないかなって僕は思ってて。僕が洋楽オールタイムベストに挙げている曲の中にEarth, Wind & Fireの「September」があってあれも、歌詞の意味がわからなくてもフロアでかかったらみんな踊るやないですか。そして、それは世界共通だし、この曲もそんな曲だなと思ってて。本当に今いるこの時間が「Good Time」になるそんな曲が僕の第1位です。

という事で、ベストトラック選定終了。

また、近々ブログの方にも何個かネタを挙げていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

それでは本日は以上!!
posted by ゴリさん at 21:12| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください