2014年12月31日

今年の最後に


家でパソコンに向いながら、今年の事を少し振り返ってみた。

今年は文章を書く機会に恵まれた1年であったと思う。自らのブログだけでなく、ki-ft()や音楽だいすきクラブ()で自らが思う事やCDレビュー、ライブレポートなどを気が付いたら書いていたと思う。そして、その書くことがきっかけでたくさんの人と出会い、刺激を受けて、この1年で音楽の知識の幅が増えた気がする。本当に出会った人には感謝しかないし、なんとかして色んな形で恩返しができたらなと思う。

そして、出会いがあれば別れもある。

特に仲良くしてたライブ友達との突然の別れは本当に哀しかった。ツイッターで知り合って3年。時々合ってはライヴを見たり、お酒飲んだりしした。2月位に新年会的なノリで集まった際にはとても元気にみんなと一緒にお酒を交わしていたが、その1ヶ月後に突然の別れ。未だに彼が大好きだったツイッターのTLに「ディスコ!!」と書き込みするんじゃないかと思ったりもしているが、半年以上書き込みはないままだ。

「出会い」と「別れ」。生きていくうえでこの循環には必然だと思うが「別れ」だけは、特に家族と大切な友人の別れだけは本当に経験したくない。来年が僕の周りで不幸な事が起きないことを切に願っている。

最後に自分の今後についても考えてみた。

来年でいよいよ30を迎えるわけだが来年も読んで面白い文章を書く事を続けていこうとは思う。ただ、来年はいろんな場所で書いてみたいとも思っているし、音楽以外の事も書いていこう思ってもいる。20代最後の悪あがきは30代でも継続していくつもりだ。

そして、今年1年で実感したのが圧倒的に知識が足りない事と幅広い視点を持たなくていけないと実感した。そこで来年から独学で英語を勉強しようかと思う。以前、田中宗一郎さんと田中亮太さん、そして岡村詩野さんの3人のトークショーを見たのだが、田中宗一郎さんが「これからライター目指すなら英語を勉強しなさい。英語ができれば受け取る能力や伝える能力が5しか無くても、それが倍に広がる。」てこをおっしゃっており、その言葉に感銘を受けて今年は大嫌いな英語に少しずつトライしてみようかなと思った次第である。

僕の人生もいつかは終わる。

だから、いつ終わっても悔いが残らないよう今を一生懸命生きる。

もちろん誰を悲しませることなく。

そして、僕の周りの人が毎日笑顔で過ごしていただける事を願いこの文章を締めたいと思う。

今年一年も本当にありがとうござました。
posted by ゴリさん at 17:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください