2016年06月15日

映画『FAKE』は佐村河内守の映画ではない件について

images (1).jpg

『FAKE』は佐村河内守の映画ではない。私たちに向けた映画である。ここ近年の日本の報道、メディア、そしてそれに対しての私たちの意見はわかりやすい敵”を作り出そうとしているように感じる。ここでいうわかりやすい敵”というのは例えば不倫をした芸能人、過去を虚偽をしたコメンテーター、さらには今回テーマにされた佐村河内守もそうなのかもしれない。そういう人間に対して、私たちはどう対処してきただろうか?どういう行動をとってきただろうか?森達也監督は私たちがやってきた行動を誰よりも興味深く、誰よりも悲観的に観て、この作品を作り上げたのだと思う。

『A』そしてその続編にあたる『A2』から15年経って撮られた本作『FAKE』は先で言った2作品と基本的には同じ内容だと言っていいと思う。『A』『A2』ではオウム真理教に残った信者たちの生活、そしてそれを取り巻く環境を淡々と撮りながら観客に「何が正義で、何が悪か?」という事を観客に考えさせるような作品であった。そして『FAKE』も佐村河内夫婦の生活を淡々と撮影しながら、観客に「この人は本当に僕たちが叩いていたような悪人なのか?」という事を問いただす。特にラストの12分、森監督はある事”を佐村河内氏にやらすシーンはそのハイライトと言ってもいいかもしれない。

さて、『A2』から15年以上経ってなぜ森監督は『FAKE』という作品を同じような感じで撮影したのか。僕が思うに、佐村河内氏を取り巻く環境を見ると日本は『A2』が公開された2001年ごろと何も変わってはいない。いや、ひょっとしてたらそれよりも悪化しているのかもしれないのではと感じる。テレビのワイドショーや週刊誌を見れば不倫や虚偽などのニュースにあふれかえり、それを見た視聴者はそれを見て一斉に“叩く”。反対の意見があるならば、そういう人間すらも“叩く”そんな時代である。SNSというものが出来てから、特にmixiからTwitterという匿名性が高く不特定多数の人に発信でき、なおかつ全世界の他人反応がわかるものにSNSの主役が交代してからはこの風潮が強まった気がもする。そして、これはネットに限った話だけでもない。

例えばデモ。ここ最近だとSEALDsという団体も出来て10代から20代の若い子たちが参加するという事も多いのだが、そこに入る若者のいったいどの程度が今の日本の政策を理解し、安倍総理が退陣(やめた)後に“どういう日本にしていきたいのか?”という事を考えた上でデモに参加しているのか。世界に目を向けよう。アメリカ大統領候補のドナルド・トランプ。その支持者の一体何割が、またその反対に彼をバッシングしている人間の何割が彼の考える政策をちゃんと理解しているのであろうか。ちなみに、私は“アクションを起こしてはいけない!”と言っているのではない。アクションの前にちゃんと情報を精査した上で“自分の考えを持つ”という事をやれているのかと言っているのだ。そして、それこそが森監督がこの作品で一番伝えたいメッセージなのだと僕は感じる。

佐村河内氏を撮りながらも今の日本人に対して“考えろ”とメッセージを送る『FAKE』この作品が出来上がった今もなお森監督は日本というもの映し出す鏡を探しているのかもしれない。
posted by ゴリさん at 22:26| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。