2016年12月23日

2016年 年間ベストアルバム


さて、今回は2016年の僕の年間ベストを洋楽、邦楽合わせた形で発表しようかなと思います。

ちなみに去年は20作品選んだんですが今回は40作品を選んでます。ちなみに、個人的な感覚としては去年の20位が今年の40位くらいです。すなわち、今年は良い作品、ベストに入れたい作品がたくさんあったという事です。最高の1年でしたね。

あと、順位はつけていますが明日にはまたコロッと変わったりするんで今の気分のランキングなんですが、今回、David Bowie『Blackstar』の順位とそれより上位の作品に何を選んだかに関しては相当悩みました。普通に考えれば『Blackstar』は今までのボウイという人間の結論みたいな作品ですし、本来なら1位にしたいんですが、じゃあ、それより上にするなら?という自問自答を今回のランキングは凄くしました。ただ趣味で音楽の文を書いているのに何でこんなに大変な思いしているんだろって毎回思いはしますが、まあ楽しいんでね(笑)

それでは発表しましょうかね。僕が選ぶ今年の40本はこんな感じです。


40位 V.A『From Here To Another Place』
51RJxZu8LYL._SX466_.jpg

39位 V.A『裏堀江系Vol.01』
裏堀江系Vol01ジャケット2.jpg

38位 Field Music『commontime』
81pDPPj+GbL._SL1200_.jpg

37位 ザ・なつやすみバンド『PHANTASIA』
71d8M8L6KpL._SL1500_.jpg

36位 Red Hot Chili Peppers『The Getaway』
61HZ0uu0kVL._SY450_.jpg

35位 葉山久留実『いてもいなくても一緒だよ?』
71TIdqYQMIL._SL1024_.jpg

34位 寺尾紗穂『わたしの好きなわらべうた』
91UKiMSa8JL._SL1500_.jpg

33位 中村佳穂『リピー塔がたつ』
h1.jpg

32位 The Hotelier『Goodness』
8c1e33f7.jpg

31位 ナードマグネット『CRAZY, STUPID, LOVE』
A1lDtNCKlGL._SL1500_.jpg

30位 坂本慎太郎『できれば愛を』
71Cv6S1j1BL._SL1500_.jpg

29位 岡村靖幸『幸福』
717zcVyC07L._SL1000_.jpg

28位 Modern Baseball『Holy Ghost』
51tQLQkAURL._SY450_.jpg

27位 Mitski『Puberty 2』
71WFtDrzjoL._SL1095_.jpg

26位 婦人倶楽部『フジンカラー』
61Hxs4NTU1L._SL1200_.jpg

25位 Noname『Telefone』
CovDifEUIAIv__f.jpg

24位 King『We Are King』
813ymOv9r9L._SL1201_.jpg

23位 蓮沼執太『メロディーズ』
51Cdkag-wkL._SS500_PJStripe-Robin-JP-Large,TopLeft,0,0.jpg

22位 Nulbarich『Guess Who?』
71Cprk8XHtL._SL1000_.jpg

21位 Bon Iver『22, A Million』
81+cscabiVL._SL1200_.jpg

20位 Solange『A Seat at the Table』
71CGsgZrLbL._SL1500_.jpg

19位 Special Favorite Music『World's Magic』
81g6zkWHN4L._SL1500_.jpg

18位 A Tribe Called Quest『We got it from Here... Thank You 4 Your service』
91+gTQZr1XL._SL1500_.jpg

17位 Anderson .Paak『Malibu』
81H7d3hkI1L._SL1200_.jpg

16位 ゲントウキ『誕生日』
91J0T0u92bL._SL1500_.jpg

15位 AL『心の中の色紙』
81QjonsjM8L._SL1500_.jpg

14位 Rihanna『Anti』
61IeCixjIZL._SL1002_.jpg

13位 Radiohead『A Moon Shaped Pool』
81VpttvGxBL._SL1200_.jpg

12位 bonobos『23区』
81ZoCJ3WXsL._SL1500_.jpg

11位 David Bowie『Blackstar』
51RHm9wIQOL._SL1500_.jpg

10位 The Weeknd『Starboy』
51UVW34rJTL._SY450_.jpg

9位 ANOHNI『Hopelessness』
71UKENg5yeL._SL1400_.jpg

8位 Beyoncé『Lemonade』
51GJFwZZU9L._SY450_.jpg

7位 Frank Ocean『Blonde』
BlondeCover_grande.jpg

6位 宇多田ヒカル『Fantôme』
41vcNaILbZL._SX450_.jpg

5位 The Avalanches『Wildflower』
51s9Rh1SJNL._SY450_.jpg

4位 サニーデイ・サービス『DANCE TO YOU』
71tn+9MgPHL._SL1182_.jpg

3位 Chance The Rapper『Coloring Book』
Chance_3.jpg

2位 Bruno Mars『24K Magic』
71wI9Hu1ZRL._SL1204_.jpg

1位 ASIAN KUNG-FU GENERATION『ソルファ(2016)』
A1egYF5Bt8L._SL1500_.jpg


という感じです。個人的にはボウイより上は、個人的に好きである事に加えて、音楽界まだ新しいことをやってくれそうだなって期待もあって選んだ感じです。

だからこそ、まずはボウイの『ジギー・スターダスト』にオマージュを捧げたザ・ウィークエンドを選びたかったし、自らの音楽性だけでなく性別すら変えて音楽を奏でたアノーニや『レモネードフィルム』でポップ・スターでなく黒人の一人の女性として戦う姿勢を見せたビヨンセ。そして、16年ぶりのアルバムでありながら現在の音楽シーンをきちっと読み取り現役であることを証明したアヴァランチーズに8年ぶりでありながらその圧倒的な存在感と作品のクオリティだった宇多田ヒカル、同じ日本でありながらインディーとしての理想的であり、解散前含めて最高傑作といってもいい作品を叩きつけたサニーデイ・サービス、CDを出さずに新作を発表したフランク・オーシャン、さらにミックステープなのにグラミー新人賞にノミネートされたチャンス・ザ・ラッパー、と何かを変えてくれそうなアーティストを選びたかったなと思ったわけで。で、本当にそういう意味でもメジャーで、しかも第一線で自分の好きな事をきちんと提示てやり切ったブルーノ・マーズは僕は好きだし、この作品でさらに好きになった感じです。

でも、それすら超えて別格にいたのがアジカンです。もうこれは個人的な体験として私が13年前に『君繋ファイブエム』でアジカンを知って、その後『ソルファ』を毎日、1人暮らしをしていた宮崎の6畳くらいのマンションで聴いていた事。そして、アジカンのライヴ音源を「生歌が聴ける!」と思ってラジオのチューニング合わせたらゴッチの歌が下手くそ(10年以上前の話ですw)で幻滅したこと。しかし、それでもTokyo FM『SCHOOL OF LOCK!』でやっていたアジカンのラジオをずっと聞いていた事。その後、大阪に戻って初めてアジカンのライヴを見たら「あれ?カッコいいかも。」と思いフェス、ライヴに行き初めた事。夜行バスに乗ってナノムゲンへ、一人で行った事。台風大丈夫かなと思いながらも、横浜スタジアムの10周年記念ライブに行った事。

そういう過去の点となった記憶が、1本の線になり、そして輪になって、今と過去がリンクしたのがこの作品だったなというわけで。つまりはこうです。

俺が1位にしないでどうする!!

って事です。だから、もうこんな幸せな体験できたって事で僕はこの2016年生きてきて本当に幸せでした。さて、来年はどんなランキングになるのかな。

というわけで、本日はここまで。
posted by ゴリさん at 17:35| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。