2014年01月22日

Perfume『LEVEL3』

7f2db106-s.jpg

さて、いよいよ今回がこのレビューで2013年のアルバムレビューの最終回

最終回を飾るのは、ネットの音楽オタクが選んだ2013年の日本のアルバム 1位Perfume『LEVEL3』

あの、評価的に色々分かれるし、これが1位って評判も見ますが僕はこのアルバム大好きです。正直、それまでPerfumeはあんまり好きではなかったんすが、これで好きになりました。

でも、これは後程語りますがこのアルバムはPerfumeのアルバムの中でもかなりギリギリのラインを攻め、その結果とても賛否両論のアルバムになったのかなと思うわけで。

では、まずこのアルバム賛成である&僕がこのアルバムが好きな理由

それはものすごく単純な理由で「トラックがめちゃくちゃカッコいい」ってことです。

もう1曲目の「Enter the Sphere」からカッコいいサウンドの乱れ打ち。

重低音響くサウンドからPerfumeの声が出てきた瞬間、まさに雲間から現れた一筋の光のように差し込むような感覚に襲われる。

もうこの曲だけで親指立ちまくりです。Good!!

そして、そのままの流れでSpring of Life (Album-mix)。この流れの鮮やかさ見事すぎる!!

さらにダブステップを見事なまでに昇華させた「Party Maker」「1mm」もすごく際立っており、とにかくカッコいい。ホントに正直、パフュームが一瞬ダフトパンクと思えるくらいまあ、見事だわ。

さらにこのアルバム流れがいいんですよ。後特に冒頭「Enter the Sphere」から5曲目の「1mm」はほぼBPMが統一されていることもあり、まさに流れるがごとくスムーズに聴ける。

で、ここまで僕大絶賛じゃないですか。しかし、この賛成意見が同時に、このPerfumeのアルバムの最大の欠点でもあるわけで。

それは何か

一言でいえば「このアルバム、全然Perfumeらしくない」ってことなんです。

Perfumeって今まで楽曲は「かわいらしさ」とか「女の子っぽさ」みたいなアイドル感ってものが入ってたんですよね。それが今回のアルバムでは消えてるんですよね。

だから冒頭「Enter the Sphere」から5曲目の「1mm」まで聴いて、誰もが「え?これパフュームのアルバム??」って感じたと思うんです。僕はPerfumeの「かわいらしさ」っていうのが少し苦手だったんで、「え?これパフュームのアルバム??」っていうのがいい方向に働いたと思うんです。

でも、人によっては期待していたかわいさっていうのが入ってない。こんなのPerfumeのアルバムでないと思った方もいたと思います。

そしてら、良い所で「未来のミュージアム」が来るんですね。

あれで皆さん「あ、やっぱりPerfumeのアルバムだ。」と、ちょっとホッとするんですよね。

この「未来のミュージアム」こそ、一番かわいらしく、最もPerfumeらしいナンバーである。正直、この曲なかったらパフュームのアルバムとして成立しないくらい結構重要であり、良くこの位置に入れたなって僕は思いました。

逆にいえばこの位置に「Party Maker」や「Spending all my time」みたいな曲が来たらよりカッコいいアルバムができたとは思うが、すでにそれはPerfumeのアルバムではなくなっていたかもしれない。

一応、僕個人としてこのアルバムでPerfumeらしいナンバーを上げるとするならば「ポイント」「だいじょばない」「ふりかえるといるよ」そして先ほどの「未来のミュージアム」この4曲かなと思うんですよね。

で、この4曲タイトルが英語じゃなく日本語ですよね。他の曲は全部英語ですね。

ここからは僕の勝手な想像も入りますが

ひょっとしたらこの4曲は「今までのファンに作られた曲」で残りの曲は「世界に向けて作られた曲」なのかなって思うんです。

この4曲以外ってわりとダブステップだの、EDM路線の曲であります。そして、世界各国でEDMが大人気でありPerfume自体も世界での人気が高まっています。。

もしかしたら、中田ヤスタカ氏は「日本のPerfumeのファン」に照準にしたのではなく「世界」を照準にしたのではないだろうか。だから今までと違ってかわいらしさよりカッコよさが勝ったトラックがたくさん入ってたのかなと思うわけで。

で、「LEVEL3」香港・台湾・シンガポール・タイのiTunesエレクトロニック・アルバム部門でも1位を獲得し、アメリカ、カナダなど計19ヶ国でトップ10入りしこのアルバム狙いとして成功したかなと思う。

で、LEVEL3このタイトルだが

最初アイドルとして広島から出てきて中田ヤスタカ氏とコンビを組んだ。これがLEVEL1

中田ヤスタカ氏と組んで日本でドーム完売するくらい圧倒的な人気を持つアーティストに成長した。これがLEVEL2

ではLEVEL3はなにか。

それこそまさに「世界での人気獲得」ではないのだろうかと僕は思う。

まあ、ここまで語りましたが僕自身とてもカッコいいアルバムだと思うし、ほんとにLEVEL3を狙える位置まできたアルバムだと思います。それまで、Perfumeはちょっとと思っている人やEDMが好きな方には、ぜひお勧めしたいアルバムでございます。
posted by ゴリさん at 22:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

サカナクション『sakanaction』

36c2644a-s.png

今日はネットの音楽オタクが選んだ2013年の日本のアルバム 2位サカナクション『sakanaction』をレビューします。

まあ個人的にサカナクションは好きなんでその変遷や楽曲やライブの面白さについて語れたらとおもうんですけど、今日はこのアルバム「sakanaction」について話したいんですが。

個人のベストランキングで4位とつけましたが最初に言います。

このアルバムは傑作ではいいません。

その理由は後で言いますが、一つ言えるのは、サカナクションはバンドではなくクリエーター集団になった。このアルバムを聴いてますますその印象を強めたというのが僕の感想であります。

サカナクションの曲ってアコーステックにできない。それだけ複雑な音楽であるというのと同時に適さない音楽であるという事である。では、アコーステックに適さない音楽は何か。それはギターやキーボードを必要としないパソコンでできる曲。クラブ系の曲だと私は思うわけで。

サカナクション始まってからロックとクラブ音楽の融合を考えてきたサカナクション。僕個人としてはシングル「アイデンティティ」でロックバンドとしてのサカナクションは一つの形は終わったのかなと思っているわけで。もっと言えば武道館でのライブがバンドとしての一つの節目になったかなとも個人的には思うわけで。

で、それ以降はホントにわりとバンドらしさというよりかは、クリエーターぽさの方が光っている感じ。うまくは言えないけど「バンドでこういう曲の発想はできないかなって楽曲が増えてきた」と思うわけで。

そういう事もあり、クラブ的な要素の楽曲や演出とかも見られるようになり、本作ではさらにクリエーター感に拍車をかけ、ホントに実験的なことをバンバンやっている。

それが良くわかるのが「intro」から「INORI」の流れである。今までサカナクションは4作目以降イントロを使ってきたのだが、そのあとにこんなインストでクラブ系のナンバーなんか絶対入れなかった。もし入れたとしても中盤ぐらいに入れていたと思う。

きゃりーの「なんだこれくしょん」でも似たことを言ったが、頭にアルバムに対してのメッセージを込めるのだけど今回はこの「inori」を入れる事でこのアルバムは今までやってきたこととは今回違いますよ。と挑戦を込めた形で提示している。

さらにこの後に「なんてったて春」とか今までのサカナクションでこんな感じのタイトルは今までならまずつけないであろうし、「ストラクチャー」とか「mellow」「映画」とかに関しても今までこんなトラックは作ったことないし。

たぶん、このアルバムからファンになりましたよってファンがこの形のアルバムを提供されたら、普通はびっくりしますわね。

おれも正直このアルバム攻めてるなと思ったんだけど、でも、唯一と言ってもいいけどロックなナンバーを響かせたのが「Aoi」を聴くとちょっとホッとした感じもするわけで。ただ、「Aoi」なかったらもっと評価は変わっていただろうしサカナクションが完全に違うステージに行ったのだと思う。

で、僕が「傑作とは言わない」と言った理由は個人的にはまだこのアルバムは実験の途中なんじゃないかと思うわけで。このアルバムで色々やってきたことを次のアルバムでどう進化させるのか。たぶん、その時こそ真の傑作アルバムになるとは思うわけで。

でも、これだけ言わせてください。

サカナクションってバンドは後世にまで残ると思うし20年後とか30年後とかにバンドをめざす人たちのクラシックとなりえるバンドだと思います。それこそ、大滝詠一氏がはっぴいえんどで散々自分がやりたいことを試し最終的にその結論として「A LONG VACATIO」という大傑作を生みだし後世のアーティストに引き継がれたように、サカナクションにもその感じを思わざる得ないわけで。

できれば、サカナクションの過去のアルバムから聴いていけばサカナクションの進化の過程が良くわかると思うし、もし大変でしたら3作目の「シンシロ」ってアルバムを聴いてから、このアルバムを聴いたらいかにサカナクションがロックでなくクリエイトな方向にいってるのか、いかに実験作なのかが良くわかると思いますので是非聴いていただければと思います。
posted by ゴリさん at 20:42| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

tofubeats『lost decade』

77afe134-s.jpg

今日はネットの音楽オタクが選んだ2013年の日本のアルバム 3位tofubeats『lost decade』をレビューします。

卒業制作という形で創られた本作。いま23歳。つい先日まで大学生だったとは。。。

さてこのアルバム、最初に結論言いますがDJのアルバムを作るとアルバムからその人の性格や人間性みたいな部分はあまり透けないですが、この「LOST DACADE」はtofuさんという人物の人間性が詰まったアルバムだと思います。

まず普通、DJメインのアルバムって歌物ってそんなに入れないすよね。あって1、2曲ぐらい。

ただ、このアルバムは結構たくさんのアーティストと組んでるすよね。

そしてその内容がSKY-HIみたいなラッパーと組んだ作品や南波志帆ちゃんみたいなアイドルと組んだ作品などもあり種類などもバラバラ。

でも、アルバムを聴いてわかるのは「自らのスタイルを確立してる」そういう感じである。たとえば、独特のキーボドサウンドとかコード進行。一発で聴いたら「あ、これtofuさんの曲だよね」ってだれもが分かる、そんな曲が山ほど入ってる。

このtofuさんのサウンドは本人が好きと公言しているテイ・トウワ氏の音にも影響されてるのかなと感じた。このアルバムに入っていないんだけど代表曲に「水星」って曲があるんですが



で、実はこれには元ネタがあってこの曲なんですが



そう、水星の元ネタは今田耕治さんだったんですね。で、この作曲がテイ・トウワさんなですね。で、これは明言されていないんですがこの「水星」というタイトルもテイ・トウワさんの曲に「火星」って曲があってそこから取ったのかなと・・・。

そして、先ほども言ったアイドルやラッパーと種類がバラバラだという件に関して、彼の人生を見ていくとそれも納得するわけで。

彼の一番最初に音楽にはまったきっかけが中学1年生の時に聴いたブッタブランドの「人間発電所」であり、さらに最初におこずかいで買ったCDがSoweluのアルバムだったこと、さらにパフュームの「GAME」の握手会で虜になりアイドルファンになったこと。



それを踏まえたうえで、このアルバムを聴くとこれは「彼自身の自己紹介的なもの」ではないだろうか。

そして、このアルバムの最初であるintroと最後の「LOST DACADE」とつながっていて

Introで「LOST DACADE」終わってみんなからイェーイって言ってからの「ふっー」ため息。これはインタビューで

『“LOST DECADE〜”っていう曲は「失われた10年」って言ってるんですけど、本当はそうじゃないんじゃないか?っていう曲。ついつい僕は友達がいないとか言いがちなんですけど、でもほんとはそうじゃないし、アルバム出てるし、いっぱい仕事もしてるし、よかったんじゃないの?って南波ちゃんが僕に言ってる曲(笑)。』

http://www.nexus-web.net/interview/tofubeats/index2.php

このエピソード含め、アルバムをまじめな感じで終わらせたくなかったから軽薄な感じを出すために「SO WHAT!?」を入れたエピソードとかからも、このアルバムが彼の考えや人間性っていうのが強くでたアルバムだなと言うのが良くわかるわけで。

さていろいろ話してはきましたが、これが卒業制作だと考えると、これからが末恐ろしいアーティスト・クリエーターになると思うわけで。そのクリエーターの自己紹介であり人間性が詰まったアルバムなんですよ。

これを聴かない選択肢がありますか。もちろん、お勧めでございます。
posted by ゴリさん at 21:18| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする